家族葬でも通夜に近所の方々のお別れ会を行う事ができました

義母が亡くなった時、家族葬で葬儀を営む事となりました。妻と兄弟が華美な葬儀ではなく、親族で義母を偲んで送ってやりたいと言う想いと、費用が安い点も選択の理由でした。
親族を中心に15名弱が参列する予定で準備を進めました。妻が準備の中で必要になったものを実家に取りに戻った時、近所の方数名から通夜・葬儀の場所と時間を聞かれました。
妻は家族葬で行うので、お気持ちだけありがたく頂戴しますと返事をしたのですが、やはりお焼香だけでもできないでしょうかと申し入れがありました。
妻が家族葬会館に戻り、葬儀社の方に相談すると、通夜に急遽お別れ会を設定して下さる事になりました。元々通夜式は行わず、お寺さんは葬儀の日にのみ来ていただく段取りで、通夜には親族数名が義母を偲びつつ線香を絶やさないようにする事にしていました。
会館はそれほど大きくないため、葬儀時に近所の方には参列して頂けませんが、通夜の2時間ほどの間に焼香をしていた頂く分には何の問題もなく、そうした対応をしてもらえたのです。
その家族葬会館では、特別な計らいでしたが、家族葬会館によっては、こうしたプランを最初から用意されている所もあるようです。これなら家族葬の欠点も解消でき、良い方法だと思いました。